2018年01月18日

鰻の「勉強」&今後の鰻の状況。

板長です。

先日、テレビで、お得な「うな重」の放送があり、早速、若女将と言って来ました!!
午前11時開店で、限定10食との事。
10時45分頃に、お店に到着し、早速、行列へ。
何と10番目と11番目〜

淡い期待を抱きましたが、お店の方から、「限定は1食のみです。」との冷静なお言葉。
とりあえず、お店へin〜(*^。^*)

DSC_5058[1].JPG

偶然ですが、当日、限定サービス用の鰻の入荷が無く、
肝吸いを付けて5616円の内容との事。
勉強ですので、ひとつずつ注文。

DSC_5059[1].JPG
こちらが、3024円。

DSC_5056[1].JPG
こちらが、5616円。

鰻のサイズは同じで、重箱が違うだけ。
マジでお得でした。

日本橋という場所のためか、あっさり系の鰻。
美味しかったです。
また、「限定」でお値打ち感を出す所、勉強になりました。
現在、完全事前予約制の「割烹なかざと」。
今後の展開のヒントになりそうです。

さて、毎年、この時期、シラスウナギの漁獲高が気になる板長こと中里福一(46歳)。
今年は、マジでピンチです〜(泣)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25757510W8A110C1QM8000/

来週から、鰻の仕入れ値アップとの連絡が入りました。
正直、修行時代を含め1月に値上げは初。
例年、土用の丑の日に向けて、年によりますが、春先位からじわじわとな感じでした。

今年は、とうとう、一時期、品切れの可能性あり。
また、仕入れ値が、ダイナミックの高騰した場合、割烹なかざと史上、初の「うなぎ系商品の一時販売休止」の可能性が出てきました。

また、ブログにて情報をお知らせします。

20日(土)及び21日(日)のご新規のお仕事は厳しい状況です。
ご理解ご了承をお願いします。

では、また。

posted by staff at 17:38| ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする