2010年12月21日

もみじまんじゅう。

板長です。

DSC00092.JPG

そのまま、
もみじまんじゅうです。

大学時代の親友が送ってくれました。
(友人の故郷の名物です。)

久しぶりのもみじまんじゅう。
凄く学生時代の事を思い出しました。

私たちは、
キャンパス近くのアパートを借り上げた寮に住んでいて、
たまに、その友人の実家から、もみじまんじゅうが送られてくると
みんなで、なぜか興奮しながら、食べていました。

凄く懐かしく、そして、嬉しかったです。

学生時代、
私は、陸上競技のハンマー投げをやっていました。
インターハイで負け、強い学校で頑張ろうと思い、
東海大学に進学しましたが、
結果的に、何とか、4年生の時は、
レギュラーになり、インカレに出場しましたが、
3年間は、まさに、補欠でした。

正直、鉄の球を遠くに飛ばすだけに、
進学したのに、
スランプになって、
試合に出れないなんて、
ほんと自分に情けなく、
そして、しんどかったです。

ただ、
その挫折が、
結果的に、今、生かされていると思います。

それは、基本の大切さ です。
高校時代の恩師は、
専門外だったため、(色々、御指導頂きましたが。)
結果、かなり自己流の投擲になってしまい、
今、思うと、良く14pのハンマーとはいえ、
60mまで投げれたな〜と思います。

今さらですけど、
大学に入り、今まで、
自己流だったので、
監督の言っている事が理解できませんでした。
色々、考え、練習しましたが、
基本ができていないので、
当たり前ですが、
応用はできません。

結果的に、
スランプというより、
陸上の世界でいう
つぶれた選手になってしまいました。

何とか最終学年で、結果を出し、
少しは報われましたが、
最後まで、
ハンマー投げの基本が出来ていなかったと思います。

ですので、
家業を継ぐと決めた時、
まず、調理師学校で、
基本を学ぼうと考えたのです。

そして、
現場での、基本も学ばなければと感じ、
銀座で修行したのです。

ま〜、
挫折はしましたけど、
現在、若いスタッフにも、
常に、基本の大切さ を伝える気持ちを持てた事を
良かったと思います。

また、
現在でも、交流がある、
友人にも恵まれたことは、
本当に、
自分の大きな財産です。

小1の長女は、
お礼の電話で、「高級なお菓子を送って頂き、ありがとうございます。」とお利口の言えました。

友人の送ってくれた、
もみじまんじゅうで、娘も成長できました。

もちろん、
グッドテイストでした。 決定 決定

ありがとう。

では。るんるんるんるん

posted by staff at 19:10| 板長の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする