2020年05月07日

「日常」に戻れるのか、「ほぼ日常」に対応するのか。

板長です。

DSC_6713.JPG

現実的に、今月いっぱい「お弁当の配達のみ」の営業になると思います。
そして、その後どうなるのか?
正直、かなり不安ですが、色々なシチュエーションを考えなくてはと思います。

私の記憶では、丁度、お正月に、母校の応援に箱根に行っている時に、テレビで、「謎の肺炎」的な一方があった気がします。
弊社も2月中頃までは、「日常」でしたが、その後は、お客様のせいではない「コロナキャンセル」。
そして、現在は、「個室をクローズ」して、「お弁当の配達のみ」。
仮に、6月に、「解除」されても、予約商売の為、すぐ日常というわけには100%有り得ないと思います。

取り敢えず、ここから1~2週間の状況を踏まえ、色々、ビジネス展開しようと思います。( ^)o(^ )

創業昭和28年の割烹なかざとの3代目板長こと中里福一(48歳)。
令和2年、今年は、人生の踏ん張りどころです。
posted by staff at 18:33| 板長の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする